フラットサーブについて(動画まとめ)

フラットサービスの打ち方

フラットサーブ プロネーション(うちわを仰ぐ動作)と連動して回転を減らしでスピードを重視したボール
打ち方 ラケットでボールの真後ろを打つ。
コースを狙うと時はその方向に向かってラケットをフロースル―するイメージ。「ボールの当て方」が一番重要です。
長所 ・スピードが出せる。
・方向をコントロールしやすい。
・はったりがきく
短所 ・回転でボールの飛びを抑えれないのでアウトする場合が多い。
・プロネーション(うちわを仰ぐ動作)ができないとスピードが出ない
・入らないとずーと入らない

横からのスイングでいいんですね!無理して真上で打ってました。肩が回らないし力も入らない原因が分かります。

「ボールの真後ろを打つフラットサーブ」Tennis Rise テニス・レッスン動画


ラケットとボールが当たる瞬間の意識が大事!

【フラットサーブ】ポイント解説!



そもそもプロネーションって何ですの?こっちとくりゃ羽子板サーブの進化版?なので、手首なんぞ使っておりません、、。自然にサーブを打つとプロネーションの動作になるとのことです。


【サーブ】プロネーションの原理と練習方法【テニス動画知恵袋】