ウイルソン ウルトラ 100 V3.0 と 100(S) V3.0を比較

3代目ウルトラシリーズは良いトコどりのラケット!

テニスラケット ウィルソン おすすめ ウルトラv3.0

テニスラケット ウィルソン ウルトラ100と100(S)とバボラピュアドラ100

ウイルソン ウルトラシリーズULTRA シリーズと言えば

錦織選手が使ってるシリーズです。

その中でもメインのULTRA 100 V3.0 と ULTRA 100(S) V3.0

いわいる、Sラケを比べてみました。

※今回は全てのラケットにマルチフィラメント
ヨネックスレクシス130を45Pで張ってます。

テニスガットマンはいつもバボラピュアドライブ100を使っているので

他ラケットの基準としても打ち比べてます。

正直Sラケって頼りない感じがしてどうなのと思っていましたが、

しっかり予想を上まりました!

まずは全体のスペック

ウルトラ 100 V3.0

販売日 2020年3月
重さ 平均300g
フェイス面積 100平方インチ
ストリング・パターン 縦16x横19
反発パワー ★★★
球離れ ★★★
コントロール ★★★★
スピン ★★★
衝撃吸収 ★★★★
サービズ ★★★
ネットプレー ★★★★

ウルトラ 100(S) V3.0

販売日 2020年3月
重さ 平均300g
フェイス面積 100平方インチ
ストリング・パターン 縦18x横16
反発パワー ★★★★
球離れ ★★★
コントロール ★★★
スピン ★★★★
衝撃吸収 ★★★★
サービズ ★★★
ネットプレー ★★★

この2つの中で分かりやすく違スペックは

ストリングパターンの違いです。いわゆるガットの目が荒い。

その結果

■反発パワー
ウルトラ100Sラケの方がトランポリン効果で遠くに飛ばす事ができる。

■ネットプレー
ウルトラ100の方がボレーの時にほんの一瞬ボール掴むのでコントロールしやすい。
逆に100Sは飛んでしまうのでアウトが多く感じました。

あと、個人的には、ラケットからの打音が気になりました。

特にウルトラ100の方は楽器のようにパフォーンと音がします。

多少の音ならいいのですが結構打ってる本人には大きく聞こえます。

別のプレーヤーが打った時も同じように音がしました。

今回のガットだけなのでしょうか?ちょっと気になりました。

反面ウルトラ100Sは無音です。

ラケット個体差やガットにもよるので注意してみてください。

一瞬しなって+その後パワーで飛ばす!

ウイルソン テニスラケット クラッシュ

ウイルソン ウルトラ100

しなりと言えばウルトラのクラッシュをイメージしますが、

インパクト時は一瞬クラッシュの様なしなりをします。

ウルトラ100と100sはショートラリーでは、

球を掴んで、ラケットからワンテンポ遅れて球が飛んでいく

感覚がインパクト時にウイルソンのクラッシュと似てるなと感じました。

ある程度力をいれたロングストロークは

逆に球離れは良くピュアドラと同じ感覚で打てました。

もっちりしなるクラッシュに反発系のピュアドラ仕様にした感じです。

正直ズルいラケットです!!!

ウイルソン ウルトラ 100と 100(S)のメリット・デメリット

ウイルソン ウルトラ 100 V3.0

メリット バランスの良いラケット。
コンパクトなスイングでも球のコントロールができる。
特に掴みすぎないボレーが気持ちがいい!
デメリット 柔らか系が苦手なひとは、打った気がしない。個人的には打音が気になる。

ウイルソン ウルトラ 100(S) V3.0

メリット 簡単にベースラインまで飛びます。
sラケなので、スピンが掛かるイメージですが、
飛びを邪魔せず丁度良いスピンが掛けられる。
デメリット ボレーはパワーがある分アウト気味に。

オールラウンダー向けラケット

どちらもオールラウンドに使えるラケットですが、自分もプレースタイルによって少し味付けを変えているので、うまくラケットの性能でプレーをアシストできるものを選んでください。柔らか系飛び重視プレーヤーの方にお勧めです。

このラケット合うガット

コメントの入力は終了しました。