2022 ヘッド エクストリーム MP

ヘッドの人気ラケットが更に進化!

ヘッドエクストリーム2022

今回はヘッド エクストリームMP 2022をレビュー!

最近人気急上昇シリーズがリニューアル。

ヘッドエクストリーム 比較

前作と比べて新作はどの様に進化したのでしょうか!?

コスメはお洒落なピスタチオグリーンがメインカラーです!

ツアープロ選手ではマッテオ・ベレッティーニ(ウィンブルドン:準優勝(2021)がヘッド エクストリームを使用しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Matteo Berrettini(@matberrettini)がシェアした投稿

全体のラインナップ。

・エクストリーム ツアー (98平方インチ 305g)

・エクストリーム  MP (100平方インチ 300g)

・プロステージ MP L (100平方インチ 285g)

・プロステージ MP TEAM (100平方インチ 275g)

今回レビューで使ったガット
エクストリーム  MP にヨネックスのポリツアー ファイヤー

を46ポンドで張りました。

今回の試し打ちは時間は

・シングル 2時間(練習メイン)
・練習 2時間(ストロークメイン)
・ダブルス 4時間(ゲームメイン)

で使ってみました。

まずはラケット基本スペック

■2022 エクストリーム MP 

重さ 平均300g
フェイス面積 100平方インチ
フレーム厚 23-26-21㎜
ストリング・パターン 16×19
バランス 325㎜⇒320㎜
反発パワー ★★★★  しっかり飛びます
球離れ ★★★   普通か少し早い
コントロール ★★★   ガットによる
スピン ★★★★  良くかかります
衝撃吸収 ★★★   普通です
サービス ★★★   回転系が良い
ネットプレー ★★★★  深さの調節がしやすい

2022 エクストリーム MP 特徴的なテクノロジー

■オーセチック(Auxetic)
オーセンティック ラケットヘッド

ヘッドラケット機能2022年モデルからHEADラケットに新たに搭載された『オーセチック』

オーセチック構造は
「引っ張る」⇒広がる。
「押し込むと」⇒縮まる。

ボールが多少オフっても飛んでくれます。

面で捕まえるオーセチック構造で
打感や飛びを安定させています。

より衝撃が少なく扱いやすくなった!

■グラフィン インサイド(Graphene Inside)

グラインインサイト

フレームを強化し、優れたエネルギー伝達性能、高いフレックス、そしてクリーンな打球感を実現。

ダイヤモンドよりも硬いカーボン素材「グラフィン」!

ヘッドの定番です!

■ストリングピッチ (マス目の広さ)の変更 (MPのみ)

 

やるな~と感じたのは、エクストリーム2022シリーズの中でMPだけストリングパターンの間隔を狭くている点です。新旧ラケット2本重ねてみました。

ガット間が少しギュっとしています。

 

それにより、ボールの飛びすぎを抑えが効くようになっています。

実際2020モデルはパワーとスピンのバランスが良く、ハードコートでは無双かましてました。(自称)

自分が思っていた以上にスピンがかかり、パワーがあるの反面、アウトする事が多かったです。

ガットで調整はしていたのですが、ラケット自体で飛びを少し抑えてコントロール力を上げてます。

かゆい所に手が届く改良です!

2022 ヘッド エクストリーム MP  メリット・デメリット

メリット コントロールが良い!
スピンがかけやすい!
少しトップライトになり振り抜きが良くなった。
デメリット

デザインに好き嫌いがでる。
大胆な変更はない。

黄金スペック愛用のオールラウンドプレーヤーにおすすめ。

スピンショット、深いフラットショット、ボレー負けしない、などシーン別に応用が効くラケットです。

分類ではパワーラケットに属します。多彩なショットを使い分けるプレヤーに向いています。

2022 エクストリーム MP Lに合いそうなガット

2022 エクストリーム ガット

ラケットにパワーがあるので、ガットも対応できる耐久性が必要かも思います。
柔らかいガットだとノッチが結構入りやすいかもしれません。

ヘッド ソニックプロ ⇔ クセのない+耐久性
テクニファイバー アイスコード ⇔ 耐久性と飛び
ヨネックス ポリツアー ファイヤ ⇔ 耐久性と掴み
ヨネックス ポリツアー レブ ⇔ 耐久性とスピン
ルキシロン 4G ⇔ 打感強化